タグ別アーカイブ: フィロソフィー

街に根付いた店づくり

 

こんばんは、テントセン和田です。

 

2017年の営業も明日で最後になりました。

 

2017年が始まったときから、あっという間、あっという間って言ってるうちに本当にあっという間に終わってしまいました。

 

さあ、いったい僕は、テントセンは2017年に何を残せたのでしょうか・・・。

 

今年はなかなかず~っとバタバタしていたので、ゆっくりブログを書くこともなかったので最後ぐらいのんびりと久々に書いてみようかな~なんて何も考えずに書き始めていますが、、。(ってわけで、興味ない方はこの辺でページ閉じてください笑)

 

 

 

1年半前にこんな記事を書いていました。 → 僕が日立に店を出した理由

 

日立に店をだした理由とかいろいろあって ↑ これの続きも次の機会に、、とか思いながら全然書かず、、。

 

 

 

さあ、ではとりかかるか。。笑(早く書け)

 

 

 

よくね、経営者同士とか、お店やってる人たちなんかと話してると、この話するんですけど。

 

 

う~ん、どこからはなそ、、、。

 

 

 

 

以前、東京で美容師やってた時、当時大学生だった男性のお客さんがいたんです。

彼は大学生だけどすごく考え方が大人で、自分の考えをしっかり持っていて、クリエイティブで、感度が高くて、、

髪も毎月切りに来てくれていました。(僕は彼のことをとてもリスペクトしていました)

 

その彼とカットしながら何気なく話をしてて、ケーキ屋さんかなんかの本を見ながら、

「あーここのケーキこないだ食べた~~」

なんて僕が言って。(目白にある有名なケーキ屋さん、僕はわざわざそのケーキを食べる為にそこまで行きました。)(ちなみに家は世田谷)

当時僕は、都内のあちらこちらで有名なケーキ屋さんやら、パン屋さんやらいろいろ行きまくっていました(笑)(好きだったんですね~~)

 

そしてクールな彼は

「へ~そうですか~。どうでしたか?美味しかったですか??」

なんて、そんな感じで。。

 

で、僕はそんな<食>にも関心が高い彼に、

「○○くんはどこのケーキ屋さんが好きなの??」って聞いたんです。。

 

そしたら彼は、

「自分の住んでいるところ(都心から少し離れた静かな住宅地)に、好きなケーキ屋さんがあるんですよ。そこによく行きます!」

 

って言ったんですよ。。

 

そして彼はさらにこう言った。。

 

「本当は自分の住んでいるところに一番好きなお店があったらいいですよね~」

 

って言ったんです。。

 

 

まあ、彼の中では何気なく言った一言かもしれないけれど、

 

僕の人生を変えたひと言でもありましたね。

 

 

さっきまで話していたこないだどこどこのお店行ったんだ~~

とか言っている自分がめちゃくちゃ恥ずかしくなりました・・・。チーン。

 

 

彼との話はここで終わったんですけど、、

 

この出来事は本当に僕にとって目から鱗で。

 

 

な~んだ、そういう事かと。

 

 

そしたらいろ~~んなことがなんだか変に思えてきて。

色々クリアになって。

 

僕は前、東京の表参道で美容師やってたんですけど、あの辺でやっているとお客さんが本当に全国からやってきて、まあ、近所で住んでいる人なんてほとんどいないので、どうしてもみんな遠くなっちゃうんですが、1、2時間ぐらいかけて来てくれるなんて当たり前で、中には高速バスとか新幹線とか飛行機で来てくれてたりとかそんな人も沢山いるんですよ!

 

もうなんかそういうのとか、、う~~ん、、なんか違う気がする・・・とか思ってきちゃって。

 

なんか、そこまでしないと手に入らないってなんか変だな~って。

 

でもやっぱり、あの辺でやってるとすごく感じるけど、やっぱりみんな技術も意識も当たり前のように高いんですよ。やっぱりやってて当たり前、出来て当たり前。(ある意味変態の集まり(笑))

だから地元じゃ満足できなくて飛行機乗ってでも来ちゃう。。

 

そうなんだけどもなんかな~~って。。

 

やっぱり先の彼が言っていたように、本当は自分の一番好きなお店が(美容室に限らずパン屋でも八百屋でも歯医者でも)、自分の街の商店街にあるのが一番いいんですよ!

 

まあ、僕に出来る事は美容室しかできないけれど。。

 

そして、あっちこっちの街に出店する事は出来ないけれども。。

 

せめて自分の地元、日立の街の人にはそんな美容室として存在できたらいいな~~って。。

 

迷うことなく一番好きな美容室が私の街にある!!って思ってもらえるようなね。(あ~これめっちゃ言われたい(笑))

 

日立の人がもし、地元で満足できなくて、東京まで行っているようだったら、僕がその代わりになれないものかな~~って。(この話だと代わりじゃダメか?笑)

 

もちろん、地元でも素敵なお店はたくさんあるし、今行っているところが最高!って思っているのが一番いいんですよ!

で、お店を出す前は僕は日立にお客さんはいなかったわけだから、もしかして僕のこの考えは誰も求めていなくて、勝手な独りよがりかも??とも思ったりしましたけどね。

 

 

そして、彼の言っている事の更なる本質は、これも僕がオープンの時からず~~~っと言っていることなんですけど、、

 

結局、地元に店を出している以上、僕がやりたいことは、<お店の人とお客さん>、つまりは<人と人>との関係性なんですよ。

 

 

僕は基本的に1回きりの技術、関係性は考えていない。

 

基本僕は初めてのお客様を目の前にしたときに、その方の日常をイメージし、過去を想像し、未来を創造する。

 

その瞬間も大事だけど、その先長い目で見てどこに向かって行きたいのかをイメージし提案する、だから基本一回で完結するとは思っていないんです。

もちろん、一度担当させてもらって、もう行きたくないって思われたら、それは僕が悪いんですけど。。

だからまた行きたいって思ってもらえる様にするのも僕の大事な仕事ですけどね。

 

 

だから、その考えになってからは、僕が逆にお客さんになったときも、

 

誰々さんのパンが食べたい、誰々さんのラーメンを食べに行く、同じ商品でもこの人からこのお洋服を買いたい。とか

そうやって人と人の関係を大事にするように考えました。

 

その商品の裏に人の顔が見えるような。

 

例えばね、

街のケーキ屋さんでも気に入っていつも行っていると、お店の人から「いつもありがとね!これサービスしとくよ!」とか、

ずーっと通ってたらたまにはこっちから「今度こういう感じのケーキが食べたいな~」とか言ってみたりして、

ケーキ屋さんも○○さんが言うんじゃしょうがね~な~、、なんてちょっと考えてみたり。

 

1回2回行ったぐらいで、「あんなの食べたいな~」なんて言っちゃだめですよ!(笑)

そんなの聞いてくれませんからね(笑)

 

 

なんか、それが本当の商店街のカタチかな?って

 

 

話は変わるが、

僕の妻の実家も、岡山県のしず~かな町のしず~かな商店街で小さい魚屋さんをやっていて、いつも近くで商売してるの見てると、近所のみんな顔見知りの人たちがやってきて、今日の夕飯のおかずに魚を買って、小銭をチャリン、「ハイまいど!!」ってやってるんですよね~

そのお客さんの中には同じ商店街の八百屋さんとかもいて、、

またその魚が売れたお金で、こっちは果物を買いに行く。。

なんかそんな風景を見た時に、本来の経済のカタチを見た気がして、、

 

なんか世の中のお金の仕組みって意外と本当は単純じゃね??ってなってね。

 

 

今の世の中、一つの物を売るにしてもすご~~く仕組みが複雑になってますよね。。

 

東京で美容師やって時、すごく疑問に思ってた時期でした。

 

なんか、自分の技術を売るのにこんなにいろんなことしなきゃいけないのか~~??ってね。

 

 

そこで、自分の街に店を創ることの意味を考えたんですよね。

 

 

それに

いま、ほ~んとうに日本中どこの街に行っても、大きなショッピングモールばっかりじゃないですか。

それはそれでとても便利でいいんですけど、僕も行くしね。

 

でも本当に商店街がどんどん弱くなって、ショッピングモールばかりが勢いを増していたら、

どんどんどんどん日本中どこに行っても、同じ風景、同じ店、、、

地域性がな~~~んにもなくなっちゃうと思うんですよ。

 

挙句の果てにはネットショッピングでしょ!?

いや、これも僕もめっちゃ使うけどね。

 

本当に誰もどこにも出かけなくなりますよ!

 

だから、ショッピングモールも必要だけどほどほどに、

ネットショッピングも便利だけどほどほどに、

そして、そこにしか行かないと味わえない商店街の面白さ、地域性があって。

 

そういうバランスが大事なんじゃないかな~~って思います。

 

 

特に人が直接人の髪を切る美容室っていうものは、どこにあるか??ってすごく大事だと思っていて。

 

僕はこの日立市(常陸多賀)にある。ってことにすごく意味を感じています。

 

 

 

まだまだ到底皆さんの一番にはなれていないかもしれないし、僕や僕らに足りないものはたくさんあるかもしれない。。

 

でも僕は皆さんにとっての一番の店になりたい。

 

 

何度も言うけど、美容室同士で争う気はさらさらない。

 

地域一番店なんて一切興味ないし、あっちの店より上手いとか、そっちの店よりいい店だとか、本当にそんなことはどうでもいい。

 

むしろ同じ美容師同士、手を取り合って高めあっていくべきだと。

 

 

 

それぞれに行っている店が、あなたにとって一番の店でありますように。

 

そして、テントセンに来てくれている方たちが、テントセンが一番好きだと思ってもらえる様に。

 

 

僕らはただただ頑張るだけだ。

 

 


 

 

 

 

 長くなりました。

読んでくれたかな??(笑)

 

でも、3年かかってやっと書いた、そう思ってみれば意外とあっさり書いた。(笑)

 

 

 来年、もっといい店作ります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

もう遅くなりました。

 

 おやすみなさい。

 

 IMG_5078

 

最近あんまり書いていない僕の温度高めのブログ達→http://tentosen-hair.com/blog/category/philosophy/

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

スタッフ募集中➡リクルートページ


 

 

髪を切るという事

 

本日で2014年の営業が終わりました。

なるべく今年の事は、年内中に書いておきたいので、ちょっと長くなりそうですが、全部まとめて書いてしまいます。(ちょっとじゃないかも、、)

お正月のひま〜な時にでも読んで下さい。

 

おかげさまで、11月〜12月と沢山のお客様がTen to Senにいらしてくれて、とても充実した日々を過ごす事が出来ました。

みなさま、本当にありがとうございました。

 

 

さて今年最後のビフォーアフターいきましょう〜

 

 

初めてのご来店です。

 久しぶりの美容院で、かなり伸びた髪。

今回、中学生ぶりぐらいに<短くしたい>との事。

本人はもちろん不安で一杯そうでしたが、切ったあとのメリットデメリット、イメージの共有、アフターメンテナンスなど色々説明して、なるべく不安要素をなくし、全てご理解頂いた上で切らせて頂きました。

最後は「あとは僕にお任せ下さい!」と。

(before)

IMG_8612

 

 

 

 

チョキチョキ

 

 

 

 

カラーをぬりぬり

 

 

 

 

はいできた。(完璧!)

IMG_8610

 彼女のクールな雰囲気に合わせて、クールでちょいモードで大人っぽいボブ。

色もクール系で明るめのスモーキーアッシュ

 

 

 

いずれはパーマも!とすすめたので、ちょっとコテで巻いてみた

IMG_8607

 

 IMG_8613

 う〜ん完璧!! ←自画自賛

 

 

 

 

 

ビフォーアフターその2

 

こちらも初めてのお客様

「もう髪の毛長いのは大変でやってられません!」との事だったので、ばっさりショートに★

(before)

 IMG_8642

(before2)

IMG_8641

 

 

 

チョキチョキ

(今回はカットのみで)

 

 

 

うお〜めっちゃ切った。(足下ふかふかする〜)

IMG_8636

 

 

 

 

はいできた。

IMG_8640

耳にかけてタイトでかっこいいショートスタイルに

クセあるけどこれノンブローね。 ←(一応アピール)

IMG_8638

 こりゃ楽だわ

IMG_8639

IMG_8637

 またもや完璧!

 

 

 

 

 

基本的に自分が納得出来るものが出来るまでは、お客様に引き渡す事はしないようにしてるので、全てやれる事はやりきっています。

だから、その日一番の完璧を提供しています。

 

 

あとは、お客様と僕がどのぐらいイメージの共有が出来てるか、その辺のカウンセリングや情報察知能力などを日々重要視しています。

その人一人一人の趣味嗜好、どこにアンテナがあるのか?など

 

鮮やかなものが好きか、シックなモノトーンが好きか、かっこいい方がいいのか、可愛い方がいいのか、人に褒められたいのか、自分が納得したいのか、職場で尊敬されたいのか、それとも可愛がられたいのか、デザインと普段の使い勝手のバランス、遊びと守りのバランス、見た目のイメージと内面のギャップ、、、、

多分僕がお客様(人)を見てデザインする要素としては、挙げたら数えきれないほどの要素があり、多分何千〜とかあると思う。

 

 

例えば、この話をするとちょっと怖がられるんだけど、、、

僕がお客様とカウンセリングする時とかに見てるポイントが多すぎるんです、というよりほとんど全ての行動、発言がデザインする上での情報になるんです。

お店に入ってくる時のスピード、入ってくるテンション、目線、雑誌を見るのか、店を見渡すのか、他のお客さんを見るのか、うつむいてるのか、急いでいるのか、髪の事を何から話すのか、そしてどう話すのか、その日のファッション、洋服の着方、その日の髪のセットの仕方、メイク、もちろん表情。

これでもまだ一部だけど、ここまででもまだ髪の話の内容は入ってないので。

 

そんなたくさんの情報がある上での、話し合いになる訳ですので。

 

って、

 

・・・こんな事言ったらみんな怖くて来なくなるかな??

 

まあ、今年最後だからいいか(笑)

 

 

 

テントセンをオープンして沢山の新規の方を担当させて頂きました。(ありがとうございます)

 

それで、初めて担当する方だと、僕やお客様の髪へのスタンスのギャップというか、考え方というか、その辺が少し伝わりにくい時もあるな〜とちょっと感じたので、この場を借りて説明させて頂きます。

 

テントセンのカットの料金は4500円です。

 

う〜ん、日立市内では少し高めの設定です。

 

周りを見渡すとちょっと高いかな?って自分でも思ったりします。

 

しかし、

テントセンが始まってから、全てのお客様のカットが終わるたびに、

『安っ!!』

って思っています。

 

 

僕自身が4500円で安いと思ってもらえるようになる為に、、

それはそれは長くて辛い道のりがありました。涙

 

テントセンでお客様が、約1時間弱で過ごすカットの時間、僕はミッキーマウスです。

お客様に感動を与える為に、僕は色々な道を乗り越えてここにたどり着きました。

 

僕がお客様に提供したいのは、ただ切るという行為ではないです。

 

それは、体験であり、そして僕自身であり、Ten to Sen自体も僕自身だと思ってるので、それも僕であり。

そして、あなたが知らなかったあなた自信であり。

 

ちょっと分かりづらいか、、、

 

 

つまり、僕が切るからには、世界で僕にしか出来ない事をしなきゃいけないと思っている訳で、カットやパーマが上手いとかは、そんな事は大・大・大前提の話であって、

 

<行為ではなく、考えること>

 

<その人の事を考える事>

 

 

僕の美容師として、Ten to Senとしての仕事はそういう事だと思っています。

 

 

お客様からハサミ一本で、4500円を気持ち良く支払って頂く為に、、

 

 

全身全霊でカットしています。

 

全身全霊で考えています。

 

 

 

 

来年もお客様に喜んで頂く為に、毎日しっかりとお客様に向き合い、そしてスタッフと向き合い、自分自身と向き合い、日々精進を重ねていこうと思います。

 宜しくお願いします。

 

 

 

そんな事いわれたら行きにくいわ〜

 

ってお思いでしょうが、みなさんはな〜〜〜ンにも気にせず、僕の事は適当にあしらって下さい。

 

僕は勝手にカットに夢中になってますので。

 

みなさまは、カット中は僕の事は気にせずに夢中で漫画でも読んでもらってるぐらいがちょうどいいです(笑)

 

 

 

 

 

  本日最後のカットは僕の幼なじみでした〜

IMG_8643

 

 

 

ありがとう

 

 

2014.fin

 

 

-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月31日〜1月3日までお休みです。

24時間受付のWEB予約はこちら

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ten to Sen(テントセン)

茨城県日立市多賀町2−10−1

TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

和田マサカズ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー