カテゴリー別アーカイブ: PHILOSOPHY

web予約システム<リザービア>の取材

 

こんにちは、テントセン和田です。

 

テントセンで使ってるウェブ予約システムの会社のホームページで記事にしてもらいました。

 

 

「リザービアを導入して4ヶ月後に予約数が11倍になった理由とは?」http://www.cross-feed.com/reservia/case/620

 

 

う~ん、うちのお客様にとって予約が取りにくくなってることはあんまりよろしくないんですけどね~。

 

すいません、、、。

 

分かってはいますよ。なんとかしないとですね。。

 

がんばります。。。

 

まあでもお客様来ないと始まらないですからね。ほんとありがたいことです。

 

 

記事はちょっと美容師向け、経営者向けですが、ご興味ある方はどうぞ。

 

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F
0294−33−3001
24時間受付のWEB予約はこちら
スタッフ募集中➡リクルートページ

街に根付いた店づくり

 

こんばんは、テントセン和田です。

 

2017年の営業も明日で最後になりました。

 

2017年が始まったときから、あっという間、あっという間って言ってるうちに本当にあっという間に終わってしまいました。

 

さあ、いったい僕は、テントセンは2017年に何を残せたのでしょうか・・・。

 

今年はなかなかず~っとバタバタしていたので、ゆっくりブログを書くこともなかったので最後ぐらいのんびりと久々に書いてみようかな~なんて何も考えずに書き始めていますが、、。(ってわけで、興味ない方はこの辺でページ閉じてください笑)

 

 

 

1年半前にこんな記事を書いていました。 → 僕が日立に店を出した理由

 

日立に店をだした理由とかいろいろあって ↑ これの続きも次の機会に、、とか思いながら全然書かず、、。

 

 

 

さあ、ではとりかかるか。。笑(早く書け)

 

 

 

よくね、経営者同士とか、お店やってる人たちなんかと話してると、この話するんですけど。

 

 

う~ん、どこからはなそ、、、。

 

 

 

 

以前、東京で美容師やってた時、当時大学生だった男性のお客さんがいたんです。

彼は大学生だけどすごく考え方が大人で、自分の考えをしっかり持っていて、クリエイティブで、感度が高くて、、

髪も毎月切りに来てくれていました。(僕は彼のことをとてもリスペクトしていました)

 

その彼とカットしながら何気なく話をしてて、ケーキ屋さんかなんかの本を見ながら、

「あーここのケーキこないだ食べた~~」

なんて僕が言って。(目白にある有名なケーキ屋さん、僕はわざわざそのケーキを食べる為にそこまで行きました。)(ちなみに家は世田谷)

当時僕は、都内のあちらこちらで有名なケーキ屋さんやら、パン屋さんやらいろいろ行きまくっていました(笑)(好きだったんですね~~)

 

そしてクールな彼は

「へ~そうですか~。どうでしたか?美味しかったですか??」

なんて、そんな感じで。。

 

で、僕はそんな<食>にも関心が高い彼に、

「○○くんはどこのケーキ屋さんが好きなの??」って聞いたんです。。

 

そしたら彼は、

「自分の住んでいるところ(都心から少し離れた静かな住宅地)に、好きなケーキ屋さんがあるんですよ。そこによく行きます!」

 

って言ったんですよ。。

 

そして彼はさらにこう言った。。

 

「本当は自分の住んでいるところに一番好きなお店があったらいいですよね~」

 

って言ったんです。。

 

 

まあ、彼の中では何気なく言った一言かもしれないけれど、

 

僕の人生を変えたひと言でもありましたね。

 

 

さっきまで話していたこないだどこどこのお店行ったんだ~~

とか言っている自分がめちゃくちゃ恥ずかしくなりました・・・。チーン。

 

 

彼との話はここで終わったんですけど、、

 

この出来事は本当に僕にとって目から鱗で。

 

 

な~んだ、そういう事かと。

 

 

そしたらいろ~~んなことがなんだか変に思えてきて。

色々クリアになって。

 

僕は前、東京の表参道で美容師やってたんですけど、あの辺でやっているとお客さんが本当に全国からやってきて、まあ、近所で住んでいる人なんてほとんどいないので、どうしてもみんな遠くなっちゃうんですが、1、2時間ぐらいかけて来てくれるなんて当たり前で、中には高速バスとか新幹線とか飛行機で来てくれてたりとかそんな人も沢山いるんですよ!

 

もうなんかそういうのとか、、う~~ん、、なんか違う気がする・・・とか思ってきちゃって。

 

なんか、そこまでしないと手に入らないってなんか変だな~って。

 

でもやっぱり、あの辺でやってるとすごく感じるけど、やっぱりみんな技術も意識も当たり前のように高いんですよ。やっぱりやってて当たり前、出来て当たり前。(ある意味変態の集まり(笑))

だから地元じゃ満足できなくて飛行機乗ってでも来ちゃう。。

 

そうなんだけどもなんかな~~って。。

 

やっぱり先の彼が言っていたように、本当は自分の一番好きなお店が(美容室に限らずパン屋でも八百屋でも歯医者でも)、自分の街の商店街にあるのが一番いいんですよ!

 

まあ、僕に出来る事は美容室しかできないけれど。。

 

そして、あっちこっちの街に出店する事は出来ないけれども。。

 

せめて自分の地元、日立の街の人にはそんな美容室として存在できたらいいな~~って。。

 

迷うことなく一番好きな美容室が私の街にある!!って思ってもらえるようなね。(あ~これめっちゃ言われたい(笑))

 

日立の人がもし、地元で満足できなくて、東京まで行っているようだったら、僕がその代わりになれないものかな~~って。(この話だと代わりじゃダメか?笑)

 

もちろん、地元でも素敵なお店はたくさんあるし、今行っているところが最高!って思っているのが一番いいんですよ!

で、お店を出す前は僕は日立にお客さんはいなかったわけだから、もしかして僕のこの考えは誰も求めていなくて、勝手な独りよがりかも??とも思ったりしましたけどね。

 

 

そして、彼の言っている事の更なる本質は、これも僕がオープンの時からず~~~っと言っていることなんですけど、、

 

結局、地元に店を出している以上、僕がやりたいことは、<お店の人とお客さん>、つまりは<人と人>との関係性なんですよ。

 

 

僕は基本的に1回きりの技術、関係性は考えていない。

 

基本僕は初めてのお客様を目の前にしたときに、その方の日常をイメージし、過去を想像し、未来を創造する。

 

その瞬間も大事だけど、その先長い目で見てどこに向かって行きたいのかをイメージし提案する、だから基本一回で完結するとは思っていないんです。

もちろん、一度担当させてもらって、もう行きたくないって思われたら、それは僕が悪いんですけど。。

だからまた行きたいって思ってもらえる様にするのも僕の大事な仕事ですけどね。

 

 

だから、その考えになってからは、僕が逆にお客さんになったときも、

 

誰々さんのパンが食べたい、誰々さんのラーメンを食べに行く、同じ商品でもこの人からこのお洋服を買いたい。とか

そうやって人と人の関係を大事にするように考えました。

 

その商品の裏に人の顔が見えるような。

 

例えばね、

街のケーキ屋さんでも気に入っていつも行っていると、お店の人から「いつもありがとね!これサービスしとくよ!」とか、

ずーっと通ってたらたまにはこっちから「今度こういう感じのケーキが食べたいな~」とか言ってみたりして、

ケーキ屋さんも○○さんが言うんじゃしょうがね~な~、、なんてちょっと考えてみたり。

 

1回2回行ったぐらいで、「あんなの食べたいな~」なんて言っちゃだめですよ!(笑)

そんなの聞いてくれませんからね(笑)

 

 

なんか、それが本当の商店街のカタチかな?って

 

 

話は変わるが、

僕の妻の実家も、岡山県のしず~かな町のしず~かな商店街で小さい魚屋さんをやっていて、いつも近くで商売してるの見てると、近所のみんな顔見知りの人たちがやってきて、今日の夕飯のおかずに魚を買って、小銭をチャリン、「ハイまいど!!」ってやってるんですよね~

そのお客さんの中には同じ商店街の八百屋さんとかもいて、、

またその魚が売れたお金で、こっちは果物を買いに行く。。

なんかそんな風景を見た時に、本来の経済のカタチを見た気がして、、

 

なんか世の中のお金の仕組みって意外と本当は単純じゃね??ってなってね。

 

 

今の世の中、一つの物を売るにしてもすご~~く仕組みが複雑になってますよね。。

 

東京で美容師やって時、すごく疑問に思ってた時期でした。

 

なんか、自分の技術を売るのにこんなにいろんなことしなきゃいけないのか~~??ってね。

 

 

そこで、自分の街に店を創ることの意味を考えたんですよね。

 

 

それに

いま、ほ~んとうに日本中どこの街に行っても、大きなショッピングモールばっかりじゃないですか。

それはそれでとても便利でいいんですけど、僕も行くしね。

 

でも本当に商店街がどんどん弱くなって、ショッピングモールばかりが勢いを増していたら、

どんどんどんどん日本中どこに行っても、同じ風景、同じ店、、、

地域性がな~~~んにもなくなっちゃうと思うんですよ。

 

挙句の果てにはネットショッピングでしょ!?

いや、これも僕もめっちゃ使うけどね。

 

本当に誰もどこにも出かけなくなりますよ!

 

だから、ショッピングモールも必要だけどほどほどに、

ネットショッピングも便利だけどほどほどに、

そして、そこにしか行かないと味わえない商店街の面白さ、地域性があって。

 

そういうバランスが大事なんじゃないかな~~って思います。

 

 

特に人が直接人の髪を切る美容室っていうものは、どこにあるか??ってすごく大事だと思っていて。

 

僕はこの日立市(常陸多賀)にある。ってことにすごく意味を感じています。

 

 

 

まだまだ到底皆さんの一番にはなれていないかもしれないし、僕や僕らに足りないものはたくさんあるかもしれない。。

 

でも僕は皆さんにとっての一番の店になりたい。

 

 

何度も言うけど、美容室同士で争う気はさらさらない。

 

地域一番店なんて一切興味ないし、あっちの店より上手いとか、そっちの店よりいい店だとか、本当にそんなことはどうでもいい。

 

むしろ同じ美容師同士、手を取り合って高めあっていくべきだと。

 

 

 

それぞれに行っている店が、あなたにとって一番の店でありますように。

 

そして、テントセンに来てくれている方たちが、テントセンが一番好きだと思ってもらえる様に。

 

 

僕らはただただ頑張るだけだ。

 

 


 

 

 

 

 長くなりました。

読んでくれたかな??(笑)

 

でも、3年かかってやっと書いた、そう思ってみれば意外とあっさり書いた。(笑)

 

 

 来年、もっといい店作ります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

もう遅くなりました。

 

 おやすみなさい。

 

 IMG_5078

 

最近あんまり書いていない僕の温度高めのブログ達→http://tentosen-hair.com/blog/category/philosophy/

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

スタッフ募集中➡リクルートページ


 

 

明日から3連休&夏のご挨拶

 

こんにちは、テントセン和田です。

 

  久々の投稿。

 

  皆さん会社勤めの方たちもお盆休みに入りましたね。

そうでない方もいらっしゃいますが。

 

テントセンも明日から三連休です。

 

お盆前に髪をキレイに~、という方もたくさんいらっしゃいましたと思いますが、出来なかった方々大変申し訳ございませんでした。

 

 

お陰様で最近も何かとバタバタと忙しくさせて頂いております。

時折自分は要領悪いのかな??なんて、凹んだりしています(笑)

 

 

株式会社テントセンも先月で無事に1期目の決算を終え、今月から2年目に突入しました。

 

本当に毎日毎日皆様に支えられて、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

くどいようですが、日立に戻ってきてよかったな~と今でもしみじみ思います。

 

 

今後も街の人たちが明るく楽しく生活できるように、僕らがほんの少しでも皆様のお役に立てたらな~と思います。

 

 

 

あとはね、本当に毎日皆様に、予約が全然取れない!!って言われますが、(ほんとすいませんなんですけど・・・)

 

やっぱりここでもっともっと!!ってなると絶対に何かもっと大切な何かを失います。(それは僕らにとってね)(結果皆さんにもか。)

 

僕たちに出来る容量というものもずいぶん把握してきました、、

 

やっぱり来てくれた方皆さん同じように喜んでいただきたい。

 

いつも安定して、確かなものを提供したい。

 

 

量が増えて薄まっていくより、少ない数でも深く濃く。(コーヒーみたいだな??笑)

 

 

とはいってもまだまだ至らない点も多々あるかと思いますが、、、

 

通えば通うほど良くなっていくような、好きになっていくような・・・

 

そういう人と人との繋がり、そういうものを大事にしたサロンを今後も目指し、作っていけたらなと思っています。

 

ですので、行きたい時に気軽に行けるサロンではないかもしれませんが、本当に信頼できる美容室、美容師でいられるように、もっと頑張って、もっと勉強して、末長く続けて行けたらと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

では、連休ゆっくり休んできますね。(今回はどこにも行きませんよ~)

 

皆様も楽しい夏休みを★

 

 

 

ちなみに関係ない話ですが、

 

うちのスタイリストYUKIは和田さんの奥さんですか??ってかなりの頻度で言われるのですが、違いますからね!!(笑)

どうでもいいですが(笑)、よろしくお願いします。

 

 


 Ten to Sen(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

和田マサカズ

スタッフ募集中➡リクルートページ


 

2周年を迎えて、いま思うこと

 

 こんばんは、テントセン和田です。

 

2016年11月26日、本日Ten to Senはオープンして2周年を迎えることが出来ました。

 

あっという間の2年間、、、

でも、いろいろあったな~~

本当にお店を始めてからどんどんどんどん変わっていく毎日、そしてテントセン。。

 

お客さんが全くいない状態から始まって、広告宣伝も一切せず(自作のホームページとブログのみ、、あ、このブログね)、オープン初日のお客様はなんと1名(笑)。(今でも来てくれていますよ~)

それから徐々にポツポツ来てくれてたけど暇だったので、毎日ブログばかり書く日々。。

オープンから3カ月経つと結構お客さんも来てくれるようになって、半年後にはオープン当初の1年後の売り上げ目標を達成したかと思えば、そこから毎月2割~3割増の売り上げを更新、それが1年以上続き、もう無理だ、、もう無理だ、、、と毎日みんなで悲鳴を上げていたけど、、、

もう本当にMAXでやってるな、って思ってから半年~1年は経ったかな??

 

でもなんかそんな日々を続けていくと、スタッフのみんなも忙しいのに慣れてきちゃうよね、、笑

 

たま~に急なキャンセルとか入って空きが出るとソワソワしちゃうっていう、、笑

 

もう限界だなって思ってたちょうど去年の12月にレセプションのしずなが入って、それから4人体制になってからもフルでやり続け、あ~このままだと早めに死んじゃうかも(笑)、、、って思ってたところにアシスタントのかおりちゃんが入って、、、。

 

ってね。。

 

すごく自分目線のはなししちゃった、、すいません。。

 

 

まあでも、スタッフにもよく言ってるんだけど、売り上げとか、何人お客さんがきたとか、ほんとそんなことはどうでもいいんだよね。(言い方悪いけど)

 

自分がお客さんの立場になったら、自分は一人だし。

そんなひとりが喜んでくれればいいんだから。

 

本当にただただテントセンを選んでくれて、来てくれたお客様に、喜んでもらって、また来たいって思ってもらえて。

そんな毎日の積み重ねなんだよね。。

 

あくまで人数や売り上げは、結果でね。。

 

でも、そう思うと僕が独立する前に思い描いてたイメージが、こんな風にたくさんの人に広がって、店として街に存在していられることが、、

 

嬉しくてうれしくて。(涙)

 

うちの会社の理念の一節にもある、<地域に貢献する>というところもすこしは現実的になってきてるんじゃないかと。

 

 

本当に皆様ありがとう。

 

でも、僕もテントセンも本当にまだまだです。

 

毎日毎日反省しています、、、。

 

全然ダメダメです。。

 

それでも、日立に来てこの2年間、皆さんに出会えて本当に成長させてもらいました。

 

お客様を見てると僕らのいいところ悪いところがすごくよく見えてきます。

 

これからも僕らを成長させてください。

 

あなたに会えたことによって僕らは成長し、そしてその力をあなたをキレイにする力に変えて、、

 

そういう循環がプロとしてお客様とのフェアな、よりよい関係になっていくのだと思います。

 

 

 

もっともっとひとりひとりに喜んでもらえるように。

 

そしてそれが広がって、点から線へ、街や地域に少しでも役に立てるように。

 

これからも存在していけたらと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

img_5363

 

 

 

img_5360

 

素敵なお花ありがと~~~!!

 

image177

 

 

 


 Ten to Sen(テントセン)

茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

和田マサカズ

スタッフ募集中➡リクルートページ


img_5019

 

 

 

 

 

 

僕が日立に店を出した理由

 

こんばんは、テントセン和田です。

本日、今週もご来店頂いたお客様、ありがとうございました。

お問い合わせいただいた方々も申し訳ございませんでした。お早目のご予約よろしくお願いいたします。

最近皆さま次回予約とって頂いています。予定分かり次第ご予約下さい。よろしくお願いいたします。

 

 

 

昨日でオープンして1年7カ月です。(短いような?長いような?)

目まぐるしく変わる毎日、正直なかなか僕の頭も身体もついていくのが精いっぱい。

 

あまり無理して、気持ちが一杯一杯になったり、ミスが起こったりするのであれば、それは僕の容量をオーバーしていると言う事。

 

それが起こる前のギリギリのところで頑張って、皆さんに喜んでいただけたらな~と思う日々です。

 

毎日が忙しくなった今は、たくさんのお客様に毎日来ていただくのが当たり前のようになってしまいますが、お客様に一人一人にとっては、大切な自分だけの静かな時間。それは何も変わることのないことで、その気持ちを僕らも絶対に忘れてはいけないことです。

 

お客様をお迎えするときの気持ちと、お客様をお見送りする「ありがとう」の気持ち、これは本当に心の底から「ありがとう」です。

うまく伝えられてるかな~?なんてよく思っています。

 

 

そして、日々一緒にいつも頑張ってくれているスタッフたち。

 

そして、いつも僕らをサポートしてくれている家族たち。

 

そんなすべてがあって今のテントセンが成り立っています。

 

そんなすべてに心の底から感謝です。

 

 

 

そういうことに当たり前にならないように、自戒の意味を込めて、僕がなぜ日立にお店を出したのか?という話を。(初心に帰るという意味で)(前振り長い・・・)(今日のはなしは多分長いです。注)

 

 

 

よくね、初めてのお客様に聞かれるんですよね、なんで日立にお店出したんですか~?とか、よく日立に帰ってきましたね~、とか

 

 

その度にいつも話すのが、、、

 

 

 

まず僕は美容師になって最初に、、技術を覚えたり、実際にお客様をやったりするのがとても楽しくて、すぐにハマったんですよね。➀(その時は自分自身を満たすためにやっていました)

 

その次に、今度は自分がお客様を担当するようになって、お客様に喜んでもらう事が楽しくなってきたんですよ。②(お客様に喜んでもらうことが自分の喜び)

 

そしてその次は、後輩の育成、つまり僕が感じた美容師の楽しさ、お客様に喜んでいただく楽しさを後輩の美容師たちに伝えて行く事が僕の楽しみになっていったんです。③(後輩の成長が僕の喜び)

 

そして最後はお店の事ですね。お店全体の経営、運営、方針、教育、、、諸々どういう風に進め、伝え、行動していくか、、そうやってお店の事を考えるのに必死だったし、楽しかった。これは本当に前のお店で勉強させてもらったな~~④(店舗の発展が自分の喜び)

 

 

そして、僕がテントセンを出す前の段階、最終段階で、、

 

さあ、いざ今後の僕の人生を、これまでの経験を使ってどこに注いでいこうか、と考えたんですよね。

 

 

そう考えたときに僕が次に動かしたい(これのためにやりたい)と思ったものが、「街」という枠組みだったんですよ。(今は僕の美容人生の5段階目の活動になります。)

 

 

で、そう考えた時に、じゃあそれはどこ??

東京??

東京は生活したり、仕事をしたりはいいところだけど、僕が東京の街に何かできるか??というか僕がやる必要があるか、、??と。(いや違う、僕じゃないな~~)

 

じゃあどこ??ってなったときに

 

そうなったらやっぱり地元である日立ですよね。

 

 

 

日立なら、小さな事から少しずつでも(点から線へと)、何か変えていける事は出来るんじゃないかと。。(地元だし、日立の事や日立の人たちの事はよく知ってるし、知り合いたくさんいるし、土地勘あるし)

 

そう、僕がやるべきことは毎日訪れる一人一人のお客様なんです。

 

でも、それが毎日積み重なると(点から線へ)、ちょっとずつでも街をも変えるアクションに変わるのではないかと。

 

だから、僕は日立の街に、ただの髪を切る場所としてではなく、パブリックな、そしてカルチャーを発信する、そんな場所を作りたかった。

 

だから、日立の人たちが求めるものも考えたけど、日立には絶対にないようなものを作りたかったし、日立にどんなお店があったら、日立という街の印象が変わるのか、そんなことも考えて店も作った。

 

需要があって初めて僕らは生かされるのだが、でもそれだけでは消費されて終わるだけになってしまう。(つまりそれではカルチャーは生まれない)

 

だから、ある程度引っ張っていく、僕らが街を作っていくんだ、という気持ちが文化を生むんだと思うんです。

 

 

もちろんそこにはまだまだ到達してないし、僕に出来る事ではないかもしれないけれど、、、。

 

 

 

でも、僕はそういう意味を込めて、日立に<Ten to Sen>というサロンを作りました。

 

 

笑っちゃうかもしれないけど、やってることはほぼほぼ行政です。笑

 

あ、ちなみに市議会議員とか立候補するつもりはないですから。笑

 

 

だからよくね、お店を出すのが夢だったんですか~?とか聞かれるけど、昔っから一切そんなこと思ったことなかったし、お店を大きくしたり、店舗を増やしたり、それこそお金儲けしたいとか、、そういうの全然興味ないんですよ。。

全ては、店のため、お客さんのため、街の人たちのため、そして街のため。。

そうなるために、お店が大きい方がいいのであれば、大きければいいし、前の会社なり、どこかに属していた方ができるのであればそれでいいし、、みんなが求めるのであれば(そしてそれに伴い同じ思いを共有する人たちがいれば)自然とそうなっていくのだろうし。。

僕のやりたいこととしては最小単位であれば僕一人でもできるし、さらに言えば究極、美容師(美容室)じゃなくてもいいんですよ。。これはほんとのはなしで。

でも今僕にできる最大限の活動は今の形ってだけの事。

 

美容師として、今のスタッフたちで、今の店舗で、、、

 

 

 

 

あ~~~

 

長い、、、

 

他にもいろいろ僕が日立に店を出した理由はあるのですが、それはまたの機会にしておきます。

 

 

なんだか偉そうなこと言ってすみませんね。。

 

 

とにかく僕は本当に、今の自分を取り巻くすべてに感謝して、また明日も頑張ろうと思います。

 

皆様も日曜の夜の静かな時間をお過ごしくださいませ。

 

ではまた。

 

 

 


Ten to Sen(テントセン)

茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

和田マサカズ