カテゴリー別アーカイブ: PHILOSOPHY

コミュニケーションの密度

 

こんばんは、テントセン和田です。

 

もう8月も半ば、夏も終わっちゃいますね。

あっという間。

 

おかげさまで、株式会社テントセンも先月7月で、2期目の決算が終了しました。

会社になって3年目。

お店を開いてもうすぐ丸4年。

 

 

1年1年が濃いな〜。あっというまだな〜〜。

 

本当におかげさまですね。

 

すごく皆様に生かされてる感じがします。感謝です。

 

 

 

さて。

今日はお客様とカット中に<コミュニケーション密度>についてのお話しをしました。(男性のお客様)

 

先日ニュースでリゾート先でも仕事ができるような企業の取り組み、というものをやっていたのですが、、

そのお客様は、僕らは人と人とのやり取りの密度が濃くないと仕事がすすまない、という事をおっしゃっていました、、、

 

 

 

う〜ん、、、

 

と考えさせられました。。

 

 

 

本当に、僕らもそうですが、どんどんAI化なども進み便利になっていく世の中で、

 

あえてマンツーマンで対面し、直に身体や言葉を使って、お客様と接する。

そして、あえて<手間・ひま>を使ってお客様をもてなす。

 

言葉だけではない、心と心の繋がり、信頼感、安心感、、、

 

そんなコミニュケーション密度の高いホスピタリティが、今こそ逆に求められているのではないでしょうか。

 

 

 

まだまだ足りない僕らの意識、経験、実践。

 

時間が経ち、経験を増すごとに、どんどんそういう本当に大切なものを見失わないように。

 

今後も更に突き詰めて、まだまだ先へ進んでいきたいと思います。

 

 

 

なんだか堅くなってしまいましたが、明日からテントセン4連休になります。

(8月12日(日)〜15日(水)までお休みです。)

お電話出られませんが、webでのご予約は24時間受け付けています。

 

大変ご迷惑おかけしますが、リフレッシュしてまた元気に働きます。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

ではまた。

 

 

和田マサカズ

 

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

スタッフ募集中➡リクルートページ


 

お支払い方法が増えました!

 

こんにちは、テントセン和田です。

 

いや〜サッカーワールドカップ盛り上がっていますね〜。毎晩毎晩楽しくて夢のようです!!

小学生の息子もサッカー少年なので、一緒に応援して盛り上がっています!!

 

 

 

 

さて、話は変わりますが、テントセンのお支払い方法が変わりました

 

今までは<現金><クレジットカード>のみしか出来なかったのですが、

 

 

これからはこちら⬇️

 

 

これまでと同じように<クレジットカード>に加え、

 

<Apple Pay(アップルペイ)>、<ID>、<Quick Pay(クイックペイ)>、<スイカ>などの交通系電子マネーなどでもお支払いいただけるようになりました!!

 

 

 

 

いや〜、時代ですかね、、。

 

僕自身も、クレジットカードで払えるところは、ほぼカードで払っちゃうし、iPhoneにIDとスイカ入れてるので、そっちで払えるところはほぼそれで払っています。

 

なんかもう現金いらないかな??

 

って最近は思っていて、、(そんなこと思ってると手持ちの現金がないことにも気づかず、先日も無賃飲食しかけましたが・・・。ヤバい!!)

 

ガソリンもカード、コンビニもiPhone、高速道路もETC、スタバもスタバカード・・・。(日立で生活しているとだいたいお金使うのこんな感じ。笑)(あとラーメン屋も導入してほしい・・・笑)

 

もうほとんど現金なくても生きていけるようになってきてるんですよね〜。

 

(あと、いつも思うのが駐車場、コインパーキングとかが電子マネー使えたら良いのに〜〜!!っていつも思う。。それこそ100円硬貨しかだめとか、今時あり得ないから!こないだも表参道の路上のパーキングで100円玉がなくてどれだけ走り回ったことか・・・。あれはなんとかしてほしい!!怒怒。)

 

そんな時代なんでね、どれだけのお客様が利用するかはわかんないけど、システムだけでも導入しておかないとね!ってことで、入れてみました。

 

将来的にはこれからどんどん世の中キャッシュレスの時代になっていくと思います。

 

僕ももう、釣り銭レジに入れて〜とかはちょっと古くなりつつあるかな〜って思っています。(あ、でも全然現金でも良いですよ)

 

銀行行って現金入金とか、下ろしたりとかどんどん無くなってくると思うし。

 

たぶんそのうち顔認証とかで勝手に店を出たらお支払いが済んでいる、とかも現実的になっていくと思います。まあ、どこまでいくかは僕もわかりませんが・・・。

 

 

 

 

あと、テントセンでは4月から、雑誌も無くしたんですよね。ほぼ。

 

もう最近ご来店されてる方はわかっていると思うんですけど、

 

ほぼ全部iPadで雑誌を読めるように変えたので、無駄なコストも減り、お客様も趣味の雑誌でも何でも好きなものが読めて便利。

 

本当に雑誌問題も、毎月毎月無駄に捨ててるようで、どうにかなんないかな〜〜??

 

って悩んでいたのでこれで解決です!

 

ただ、この雑誌は自分でも買って読みたい!!とか、雑誌編集者の熱い思いが伝わるような、そんな雑誌はちゃんと買って残しておきたいな〜って思うので、そこはケースバイケースで。

 

 

 

 

とてもとても便利になった世の中。

 

良いものも悪いのもの使いようだと思います。

 

 

選択肢が多くなるから、間違った使い方をすると、とんでもない方向に行ったり、ましてやウェブやテクノロジーに支配される事だって起こりえます。

 

上手に使えないんだったら、シンプルにアナログにしたって良いと思う。

 

ただ、使い方次第ではとても快適で合理的になるので、うまく使えば本来やるべき大事なことに集中出来るかな〜?って。

 

なんか話がそれたけど、、

 

そんな感じで、ぜひぜひみなさまテントセンでもiPhoneでピっ!!てやってくださいませ〜。

(何度も言うけど現金でも良いですよ〜。)

 

 

ではでは。

 

 

和田マサカズ

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

スタッフ募集中➡リクルートページ


 

 

 

髪を切るということ

 

 

こんにちは、テントセン和田です。

 

 

すごい久しぶりに「本日のお客様」をご紹介。

 

 

長めだった切りっ放しボブのサイドをバッサリと。

 

 

 

 

 

 

 

久々にイメチェン。

 

 

普段は子どもや家の事で大忙し

 

 

だからたまに来る美容室は唯一の癒しの時間。

 

 

あんな感じがいいかな〜、こんな感じがいいかな〜〜

 

 

色々考えて、あとは投げて、そして最後は「お任せします」。。

 

 

 

切られてるときはじっと目を閉じ、

 

 

はさみの音と、髪から伝わるはさみの感覚に集中する。 

 

 

まるでそれはなにかの儀式のようでいて

 

 

なんだかその光景がとても美しく・・・

 

 

写真に収めたくなりました。

 

 

 

 

 

僕の思う<髪を切る>ということ。

 

 

 

 

 

 

 

和田マサカズ

 

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

スタッフ募集中➡リクルートページ


 

 

 

 

web予約システム<リザービア>の取材

 

こんにちは、テントセン和田です。

 

テントセンで使ってるウェブ予約システムの会社のホームページで記事にしてもらいました。

 

 

「リザービアを導入して4ヶ月後に予約数が11倍になった理由とは?」http://www.cross-feed.com/reservia/case/620

 

 

う~ん、うちのお客様にとって予約が取りにくくなってることはあんまりよろしくないんですけどね~。

 

すいません、、、。

 

分かってはいますよ。なんとかしないとですね。。

 

がんばります。。。

 

まあでもお客様来ないと始まらないですからね。ほんとありがたいことです。

 

 

記事はちょっと美容師向け、経営者向けですが、ご興味ある方はどうぞ。

 

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F
0294−33−3001
24時間受付のWEB予約はこちら
スタッフ募集中➡リクルートページ

街に根付いた店づくり

 

こんばんは、テントセン和田です。

 

2017年の営業も明日で最後になりました。

 

2017年が始まったときから、あっという間、あっという間って言ってるうちに本当にあっという間に終わってしまいました。

 

さあ、いったい僕は、テントセンは2017年に何を残せたのでしょうか・・・。

 

今年はなかなかず~っとバタバタしていたので、ゆっくりブログを書くこともなかったので最後ぐらいのんびりと久々に書いてみようかな~なんて何も考えずに書き始めていますが、、。(ってわけで、興味ない方はこの辺でページ閉じてください笑)

 

 

 

1年半前にこんな記事を書いていました。 → 僕が日立に店を出した理由

 

日立に店をだした理由とかいろいろあって ↑ これの続きも次の機会に、、とか思いながら全然書かず、、。

 

 

 

さあ、ではとりかかるか。。笑(早く書け)

 

 

 

よくね、経営者同士とか、お店やってる人たちなんかと話してると、この話するんですけど。

 

 

う~ん、どこからはなそ、、、。

 

 

 

 

以前、東京で美容師やってた時、当時大学生だった男性のお客さんがいたんです。

彼は大学生だけどすごく考え方が大人で、自分の考えをしっかり持っていて、クリエイティブで、感度が高くて、、

髪も毎月切りに来てくれていました。(僕は彼のことをとてもリスペクトしていました)

 

その彼とカットしながら何気なく話をしてて、ケーキ屋さんかなんかの本を見ながら、

「あーここのケーキこないだ食べた~~」

なんて僕が言って。(目白にある有名なケーキ屋さん、僕はわざわざそのケーキを食べる為にそこまで行きました。)(ちなみに家は世田谷)

当時僕は、都内のあちらこちらで有名なケーキ屋さんやら、パン屋さんやらいろいろ行きまくっていました(笑)(好きだったんですね~~)

 

そしてクールな彼は

「へ~そうですか~。どうでしたか?美味しかったですか??」

なんて、そんな感じで。。

 

で、僕はそんな<食>にも関心が高い彼に、

「○○くんはどこのケーキ屋さんが好きなの??」って聞いたんです。。

 

そしたら彼は、

「自分の住んでいるところ(都心から少し離れた静かな住宅地)に、好きなケーキ屋さんがあるんですよ。そこによく行きます!」

 

って言ったんですよ。。

 

そして彼はさらにこう言った。。

 

「本当は自分の住んでいるところに一番好きなお店があったらいいですよね~」

 

って言ったんです。。

 

 

まあ、彼の中では何気なく言った一言かもしれないけれど、

 

僕の人生を変えたひと言でもありましたね。

 

 

さっきまで話していたこないだどこどこのお店行ったんだ~~

とか言っている自分がめちゃくちゃ恥ずかしくなりました・・・。チーン。

 

 

彼との話はここで終わったんですけど、、

 

この出来事は本当に僕にとって目から鱗で。

 

 

な~んだ、そういう事かと。

 

 

そしたらいろ~~んなことがなんだか変に思えてきて。

色々クリアになって。

 

僕は前、東京の表参道で美容師やってたんですけど、あの辺でやっているとお客さんが本当に全国からやってきて、まあ、近所で住んでいる人なんてほとんどいないので、どうしてもみんな遠くなっちゃうんですが、1、2時間ぐらいかけて来てくれるなんて当たり前で、中には高速バスとか新幹線とか飛行機で来てくれてたりとかそんな人も沢山いるんですよ!

 

もうなんかそういうのとか、、う~~ん、、なんか違う気がする・・・とか思ってきちゃって。

 

なんか、そこまでしないと手に入らないってなんか変だな~って。

 

でもやっぱり、あの辺でやってるとすごく感じるけど、やっぱりみんな技術も意識も当たり前のように高いんですよ。やっぱりやってて当たり前、出来て当たり前。(ある意味変態の集まり(笑))

だから地元じゃ満足できなくて飛行機乗ってでも来ちゃう。。

 

そうなんだけどもなんかな~~って。。

 

やっぱり先の彼が言っていたように、本当は自分の一番好きなお店が(美容室に限らずパン屋でも八百屋でも歯医者でも)、自分の街の商店街にあるのが一番いいんですよ!

 

まあ、僕に出来る事は美容室しかできないけれど。。

 

そして、あっちこっちの街に出店する事は出来ないけれども。。

 

せめて自分の地元、日立の街の人にはそんな美容室として存在できたらいいな~~って。。

 

迷うことなく一番好きな美容室が私の街にある!!って思ってもらえるようなね。(あ~これめっちゃ言われたい(笑))

 

日立の人がもし、地元で満足できなくて、東京まで行っているようだったら、僕がその代わりになれないものかな~~って。(この話だと代わりじゃダメか?笑)

 

もちろん、地元でも素敵なお店はたくさんあるし、今行っているところが最高!って思っているのが一番いいんですよ!

で、お店を出す前は僕は日立にお客さんはいなかったわけだから、もしかして僕のこの考えは誰も求めていなくて、勝手な独りよがりかも??とも思ったりしましたけどね。

 

 

そして、彼の言っている事の更なる本質は、これも僕がオープンの時からず~~~っと言っていることなんですけど、、

 

結局、地元に店を出している以上、僕がやりたいことは、<お店の人とお客さん>、つまりは<人と人>との関係性なんですよ。

 

 

僕は基本的に1回きりの技術、関係性は考えていない。

 

基本僕は初めてのお客様を目の前にしたときに、その方の日常をイメージし、過去を想像し、未来を創造する。

 

その瞬間も大事だけど、その先長い目で見てどこに向かって行きたいのかをイメージし提案する、だから基本一回で完結するとは思っていないんです。

もちろん、一度担当させてもらって、もう行きたくないって思われたら、それは僕が悪いんですけど。。

だからまた行きたいって思ってもらえる様にするのも僕の大事な仕事ですけどね。

 

 

だから、その考えになってからは、僕が逆にお客さんになったときも、

 

誰々さんのパンが食べたい、誰々さんのラーメンを食べに行く、同じ商品でもこの人からこのお洋服を買いたい。とか

そうやって人と人の関係を大事にするように考えました。

 

その商品の裏に人の顔が見えるような。

 

例えばね、

街のケーキ屋さんでも気に入っていつも行っていると、お店の人から「いつもありがとね!これサービスしとくよ!」とか、

ずーっと通ってたらたまにはこっちから「今度こういう感じのケーキが食べたいな~」とか言ってみたりして、

ケーキ屋さんも○○さんが言うんじゃしょうがね~な~、、なんてちょっと考えてみたり。

 

1回2回行ったぐらいで、「あんなの食べたいな~」なんて言っちゃだめですよ!(笑)

そんなの聞いてくれませんからね(笑)

 

 

なんか、それが本当の商店街のカタチかな?って

 

 

話は変わるが、

僕の妻の実家も、岡山県のしず~かな町のしず~かな商店街で小さい魚屋さんをやっていて、いつも近くで商売してるの見てると、近所のみんな顔見知りの人たちがやってきて、今日の夕飯のおかずに魚を買って、小銭をチャリン、「ハイまいど!!」ってやってるんですよね~

そのお客さんの中には同じ商店街の八百屋さんとかもいて、、

またその魚が売れたお金で、こっちは果物を買いに行く。。

なんかそんな風景を見た時に、本来の経済のカタチを見た気がして、、

 

なんか世の中のお金の仕組みって意外と本当は単純じゃね??ってなってね。

 

 

今の世の中、一つの物を売るにしてもすご~~く仕組みが複雑になってますよね。。

 

東京で美容師やって時、すごく疑問に思ってた時期でした。

 

なんか、自分の技術を売るのにこんなにいろんなことしなきゃいけないのか~~??ってね。

 

 

そこで、自分の街に店を創ることの意味を考えたんですよね。

 

 

それに

いま、ほ~んとうに日本中どこの街に行っても、大きなショッピングモールばっかりじゃないですか。

それはそれでとても便利でいいんですけど、僕も行くしね。

 

でも本当に商店街がどんどん弱くなって、ショッピングモールばかりが勢いを増していたら、

どんどんどんどん日本中どこに行っても、同じ風景、同じ店、、、

地域性がな~~~んにもなくなっちゃうと思うんですよ。

 

挙句の果てにはネットショッピングでしょ!?

いや、これも僕もめっちゃ使うけどね。

 

本当に誰もどこにも出かけなくなりますよ!

 

だから、ショッピングモールも必要だけどほどほどに、

ネットショッピングも便利だけどほどほどに、

そして、そこにしか行かないと味わえない商店街の面白さ、地域性があって。

 

そういうバランスが大事なんじゃないかな~~って思います。

 

 

特に人が直接人の髪を切る美容室っていうものは、どこにあるか??ってすごく大事だと思っていて。

 

僕はこの日立市(常陸多賀)にある。ってことにすごく意味を感じています。

 

 

 

まだまだ到底皆さんの一番にはなれていないかもしれないし、僕や僕らに足りないものはたくさんあるかもしれない。。

 

でも僕は皆さんにとっての一番の店になりたい。

 

 

何度も言うけど、美容室同士で争う気はさらさらない。

 

地域一番店なんて一切興味ないし、あっちの店より上手いとか、そっちの店よりいい店だとか、本当にそんなことはどうでもいい。

 

むしろ同じ美容師同士、手を取り合って高めあっていくべきだと。

 

 

 

それぞれに行っている店が、あなたにとって一番の店でありますように。

 

そして、テントセンに来てくれている方たちが、テントセンが一番好きだと思ってもらえる様に。

 

 

僕らはただただ頑張るだけだ。

 

 


 

 

 

 

 長くなりました。

読んでくれたかな??(笑)

 

でも、3年かかってやっと書いた、そう思ってみれば意外とあっさり書いた。(笑)

 

 

 来年、もっといい店作ります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

もう遅くなりました。

 

 おやすみなさい。

 

 IMG_5078

 

最近あんまり書いていない僕の温度高めのブログ達→http://tentosen-hair.com/blog/category/philosophy/

 


 Ten to Sen®(テントセン)

 茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

スタッフ募集中➡リクルートページ