ひとをデザインする(カウンセリングのはなし)

 

こんにちは、テントセン和田です。

2月も半ば、1月後半やっとこ少し余裕ができたと思えば、2月に入ってからずっと、まるで12月のような忙しさ。。

ありがたいことですね~。

 

最近はみなさん早目のご予約も少しづつ定着してきた感じのようで、1週間分ぐらいは大体埋まってるんですが、当日予約の電話はほとんどなく、ウェブ予約から1~2週間後の予約が毎日入ってくるようになってきました。

だいぶ浸透してきたみたいで、ありがとうございます。

 

 

話は変わって、

なんとなく、いつも書こうかな~と思っていること。

僕の美容師としての考え方などを少しづつ書いていけたらと思います。

 

 

まずはお客様とのカウンセリングについて。(髪型をどうするかについての最初の話し合い)

 

これに関しては<東京時代><現在>とは、かな~~~~~りやり方を変えました。

 

まあ、僕のほとんどのお客様は<おまかせ>という感じなんですが。(新規も含め80~90%ぐらいは)

 

そもそも僕、超~~~~<提案型>美容師です。

 

基本これがいいと思ったことは全部お客様に伝えます。

 

普段、街を歩いていても、電車に乗っても、テレビを見てても、あの人こうしたら似合いそうだな~、あの前髪の感じ素敵だな~、あのファッションにあの髪の長さは中途半端だな~、とか色々常に考えています。

 

なので、初めてのお客様でも、いつも担当しているお客様でも何かしらお会いしたときに感じるものを、伝え提案しています。

 

それは、基本その人の雰囲気に合っているのか、、生活にどれだけなじんでいるのか、、

僕の<素敵な髪型>の基準はすべてそこです。

 

どんなにかっこよくてでクオリティーが高いヘアスタイルをしていても、その人に合っていなけりゃ、ちぐはぐで、全然素敵になりません。

 

そして、僕が髪型を作るときもすべてそこが基準になります。

 

よく初めてのお客様に「和田さんはカットが好きだから私も短くした方がいいですか??」って冗談交じりで言われますが、いやいや、まったくそういうのは関係ないです。笑(子供の遊びじゃないんだから~~)(ミリ単位でカットすることも立派なデザインです)

 

 基本、僕がカットするということは、髪を切るというよりも、

 

その人をデザインする。

 

 

僕がどうこうというよりも、その人がそこにいて、その人の思想や価値観がそこにあって、その人の生活がその裏にあって。。。

 

そしてその人の心がそこにあって。

 

僕はただただそこにある、その目に見えないものを、僕というツール(技術・経験)を使って、カタチにしていくだけなんです。

 

僕の中でのモノづくりとしての究極は、そこに僕の心はないんです。

 

そこにあるのは切られる人の心と、僕というツールだけなんです。

 

だからね。

皆さんお任せって言ってくれるけど、、

僕にとっては全然お任せじゃないんですよね~~笑

 

まあ、それをわかってくれた上でのおまかせなんだろうけどね。。

 

 

だから、基本的になりたい女性像のイメージはお客様自身が持っていて、、そしてそのイメージに近づくためにその人の髪質や骨格、輪郭、雰囲気、顔の形などを見て、何をするべきかをアドバイスをして実行する。

みたいな。

そんな感じのスタンスです。

 

なりたい女性像さえもよくわからないとか、迷走してますとかいう場合はそこも含めてアドバイスもします。

 

だから、そこに向かうにはパーマがあった方がいいとか、カラーは暗めの方がいいとか、パーマはやめた方がいいとか色々あるから、、メニューはあんまり決めてこないでのご来店がほんとは正解だと思うんですよね~。

 

だから、うちのウェブ予約のメニュー項目には<パーマ>じゃなくて<パーマ相談>になってるんですけどね。

 

パーマをする前提でのスタイル作りはあまりないというか・・・。

カットして、そこから必要であればかけましょうって感じ。

 

 

まあ、なんだかよくわからないけど、、

 

 

とにかく僕、性格的にはっきりしてるので(欧米的)カウンセリングの際は言いたいこと言いますが、それはお客様も同じように言いたいこと言って、お互いに意見を出し合って決めるといいんじゃないって思いますので、そんな感じでお願いしますね。

 

あと、僕そういう感じなので、なりたいイメージとかもしお客様側にあるのであれば、写真とか、写メとか、漫画でも自分で描いた絵でもいいし、抽象的なニュアンス的な言葉でもいいし、、

何なら髪型と全然関係ないものでもいいし、

例えば、地中海みたいなパーマかけたいですとか、、

強くてエロい髪型にしたいですとか、

明日から仕事がやる気になるショートにしてくださいとか。。

 

まあ、なんでもいいんですけど、そういう感じとかめちゃくちゃ大歓迎ですので、イメージが何かしらあるのであれば持ってきてもらえると嬉しいです。

 

なので、逆に具体的なヘアスタイルの写真持ってきても、ばっさり却下されることも多々あるので悪しからず、、。(なるべく優しく言います)

まあ、その場合ももっとこういうのがいいですよ~って言いますよ。

 

なのでね、僕としてはカウンセリングというよりもコンサルテーションをしてる感じなんですよね。

 

その人の向かうべき道を示してあげる案内人みたいな感じ。

 

 

まあ、そんなかんじで。。

 とにかく、長くなってしまいましたが、、ヘアデザイン楽しみましょ!!ってことで。

 

終わることのない僕の頭の中の話でした。

 

 

 


  Ten to Sen(テントセン)

茨城県日立市多賀町2−10−1 TAGAコーポラス1F

0294−33−3001

24時間受付のWEB予約はこちら

和田マサカズ